2020年11月22日 (日)

二人展お礼

 

Dsc_2549_20201122191901
先日 代官山ヒルサイドテラスE棟ロビーでの二人展が無事終わりました。
丁度一年ぶり それも久しぶりの展示会で 段取りも悪くかなり疲れてしまい
お礼が遅くなりましたことをお詫び致します。
こういう時期にも関わらず 沢山の方にご来場頂きありがとうございました。
今回は 遠方のお客様には案内状のご送付を遠慮させて頂きましたことご理解下さい。
あれから一週間経ちましたが 世の中の状況も更に悪化の傾向で
良い時期に二人展を開催出来たことを感謝しております。
E棟ロビーは 通りから奥まった雰囲気の良い会場で人気があります。
お気に入りの理由は 樹齢の古い樹木が多いことと管理が良いこと。
ケヤキ サクラ クスノキの管理は大変なことと思われ
伺う度に 専任の方が枯葉の掃除をされていて感心させられます。
木々の間が駐車場になっているので 車も大変。
秋は枯葉 春は桜の花びらが車に積もりますから 払ってから動かすことになります。
以前 青森の方に言われたことを思い出します。
関東と違うのは車を動かす前に雪かきという一作業あると。
状況は異なりますが ここの大家さんも居住者もそれらを受け入れて
樹木を大切に守っておられるのを感じます。
都内では枯葉は嫌われています。
秋に枯葉が落ちない様に 早めに剪定しているのを見かけますが
私は 紅葉 柿 銀杏の早目の剪定は致しません。
家内には大変で申し訳ないのですが 孫と枯葉を楽しみたいと思うのです。

Dsc_2591
柿の落ち葉
一緒に掃除をしながら 綺麗と思える葉を集めます。
綺麗と感じる色目が違うのが面白い。
下の画像は昨年のものですが 樹木それぞれ
落葉の時期が違うので組み合わせ出来ないのが残念です。

Dsc_2418
それでは。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年11月 9日 (月)

二人展関連

二人展が迫って参りましたが 五歳祝着の後編が書けずにすみません。

大まかに気にかけた部分を書いてみます。

Dsc_2508
階段の上り下りもスムーズ
子供は動きにくさを嫌がりますので 足さばきが普段と変わらない様に
考えてみました。きもの丈を短くして背割りを入れました。
Img_20201025_1438311
この形が動きやすかったのかと思っています。
昔の様に 後でも着られるようにというのは 既にありませんので
今回の一回こっきりの祝着となります。
袴丈も 帯をきつく締めると嫌がるので 少し手加減しますと
動いたときに帯も袴もずり下がります。
そこで下がった状態での袴丈に設定致しました。
標準寸法よりも6センチくらい短くなりましたが
着姿は丁度良い様に見えます。
腰ベラを帯でなく きものの紐に差し込んだので 下がるのを防げたかとも
考えています。帯は三巻にしてカルタ結びにしております。
裾裁きの良い様に きものは八掛付き 袴はシズ付き仕立にしてあります。
現品は なか志まやさんからのご理解もあり二人展にて参考展示させて頂きます。
ご興味のある方はご覧下さい。
染に関しては きもの 羽織 袴共に江戸更紗染です。
摺師さんも今年86歳 孫がお世話になるのも最後かと思います。
そろそろ引退というお話も伺っておりますので
皆様に好評だった更紗長襦袢も 廃番は近いと思っております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余談
商品の整理をしておりましたら出て参りましたので
ご紹介させて頂きます。
以前に創った 経緯蓮糸織の鼻緒です。4組残っておりました。
Img_20201006_122342
そして 残っているのは判っていたのですが
使い道が決まらず先送りしていたジャガード織
既に鬼籍に入られた 足利の名人杉浦さんに織って頂いた布です。
半襟にしてみましたので見て下さい。
Img_20201008_114941
この様な事です。
皆様のご来場をお待ちしております。
気を付けていらしてください。
仕立一衣舎 木村幸夫
 

| | コメント (0)

2020年10月31日 (土)

五歳の祝

早目ですが 地元の氷川神社へお参り

Dscf7245_20201031204501
孫の五歳の祝を早目に済ませました。
月が替わりますと 展示会の準備などで難しくなりますので。
当初 作る予定は無かったのですが コロナ自粛のお陰で
時間が出来たのが幸いでした。子供物は面倒なのです。
ついでに これ迄の5歳祝着の見直しを致しました。
「誂え」としての五歳祝着は 恐らく絶滅したのだろうと思います。
この際ですので 寸法や仕立方も考え直しました。
いつも傍に居るので 採寸やら仮縫いが出来たのもありがたいです。
軽く 着やすく 動きやすさを考慮いたしました。
お陰様で貴重な資料も後進に残せたかなと思います。
制作余話などはいずれ書こうと思います。

| | コメント (0)

2020年10月30日 (金)

二人展のお知らせ

随分長いお休みを頂きました。

出かけもせず 静かに淡々と仕事をしておりましたが

仕立屋は元々「居職」ですので 普段と変わりません。

そろそろ一年ぶりに「出職」に動き出そうと思います。

Img_20201030_143115

なか志まや 一衣舎 二人展 代官山 「SALE]

会期 2020 11月12日~15日 11時~19時 最終日17時

会場 代官山ヒルサイドテラス E棟ロビーにて

   東京都渋谷区猿楽町 29-18

 

今展は両者とも「SALE」がメインとなります。

一衣舎は初めてのSALEとなりますが 気になる物はお買い得かと思います。

特に水洗い出来る オリジナル江戸更紗長襦袢は現品がお勧めです。

型紙から選ぶ別誂え染は通常価格になります。 

これまで多くのお客様にご依頼を頂きましたが

長いお付き合いの摺師さんもご高齢で そろそろ引退とのお話もされています。

いつか作りたいと思われる方は 早めのご依頼が安心かと思います。

また 仕立のご依頼はお気軽にご相談下さい。

まだまだ行動に制約もありますが 気をつけていらしてください。

お会い出来るのを楽しみにしております。

仕立一衣舎 木村幸夫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

| | コメント (0)

2020年3月 2日 (月)

名古屋二人展不参加のお知らせ

ご無沙汰しております。

恒例の名古屋展のご案内です。

ぎりぎりまで状況を見守って参りましたが 今回は残念ですが不参加とさせて頂きます。

麻布なか志まやさんの単独展となりますので 宜しくお願いいたします。

Img_20200302_144757_20200302174501

正月をのんびり過ごし 月後半に更新しようとした矢先に武漢肺炎騒動勃発。

春節が迫っておりましたので 何か嫌な予感がしたのですが的中。

様子を見つつ今に至りますが 高齢 疾患持ちにとっては勝てる気がしませんで

今回は なか志まやさんにお任せすることに致しました。

皆様もくれぐれも気を付けて下さい。

仕立一衣舎  木村幸夫

| | コメント (0)

2019年10月28日 (月)

なか志まや・一衣舎 東京二人展

201111

『なか志まや・一衣舎 東京二人展』のお知らせ

日時 11月7日(木)~10日(日)4日間
11:00~19:00(最終日は17:00まで)
場所 代官山ヒルサイドテラスE棟ロビーにて
東京都渋谷区猿楽町29-18ヒルサイドテラスE棟


なか志まやさんとは長いお付き合いになります。
当時取引先で修行されており、独立したいと相談されて以来30年。
今彼は50代半ば、あの頃まだ20代前半だったんですね。そういう私は70代。
相性が良いのか、我慢してくれているのかきっと後者だろうと思っておりますが
偏屈仕立屋を大事にしてくれて有難いと感謝しております。
全般的に難度の高い布の比率は高いのですが、面白く楽しく仕事をさせて頂いています。
職人は信頼されると応えようと努力するもので,技術的に日々考えて参りました。
最近はやっと成果が出てきて安定した気が致します。
きもの仕立にとってのメインは袷長着で、特に気になるのは衿廻り、裾、袖口です。

衿廻り

R0023013

R0024530

袖口

Dscf0307

これらの出来上がりの影には、最初の工程である丁寧でしっかりとした

「地詰め」作業の裏打ちがあることを理解する人は少ない。

地詰めが尤も大切です。そして最後の仕上げの技も。

人生も後半戦、精進し一衣舎の仕立を完成したいと思います。

| | コメント (0)

2019年9月14日 (土)

名古屋三人展

なか志まや・一衣舎・こまもの玖
名古屋三人展のお知らせ

9月22日(日)~26日(木)
名古屋市中区栄3-7-22 栄928ビル4F   LIB SPACEにて

出遅れましたが 名古屋展のお知らせです。
関東は秋に入りましたが 名古屋はまだ夏。
忙しい夏でした。1月からずっと。
8月に入って やっと懸案の仕事に取り掛かれました。が 既に9月に入ってしまいあせっています。
袷の季節には間に合わせたいと思うのですが 難しい仕事が多く遅々として進みません。
    

Dsc_1941_20190914140801

江戸更紗長襦袢新作 

型紙が旧く 巾も狭いので苦戦致しました。

なかなかの出来上がりで気に入っております。

名古屋展にお持ち致します。

仕立一衣舎 木村幸夫

              

| | コメント (0)

2019年5月 4日 (土)

夙川展

1904omote_2
1904ura_1

夙川一衣舎展のお知らせ

会期 令和元年 5月15日(水)~ 20日(月)

   午前11時~午後5時 最終日午後4時まで

会場 ギャラリー 小さい芽

   662-0046

   兵庫県西宮市千歳町6-20 (0798-33-3345)

 

今頃 桜は青森から津軽海峡を渡ったころでしょうか。

過ごし易い季節になりました が 突然夏日というのは驚きます。

早くも1年経ち 夙川展の会期が迫って参りました。

関西で開催する「一衣舎展」は 昨年秋で奈良展も終わり こちらの夙川展のみになりました。

還暦を迎えた頃から 遠方での開催を緩やかに減少させて参りました

やはり体力と気力を考慮し 無理をしないようにして参ります。

北海道から九州まで 多くの街を訪ねる事が出来たことは 仕立屋にとって

出来すぎた幸せでした。

現在は東京の春秋三人展 名古屋での春秋三人展 そして単独の夙川展です。

三人展でもお仲間には 沢山助けられており感謝しております。

年齢とともに体力は衰えましたが 良くしたもので 経験量と知識量は増えました。

何とかならないか?というお客様のご依頼に応えているうちに 少しずつ増えたんですね!

最近は 仕立のご相談が多くなっておりますが これまでに蓄積された技を駆使して

対応させて頂いております。

この夙川展でも お気軽にお出で頂きご相談下さい。

お待ちしております。

仕立一衣舎 木村幸夫

 

ブログの書き込み画面の設定が変わり 私にとって恐ろしくやりにくくなり

アップするのが大変で更新の間があいてしまいすみません。

先日の1日に書いてアップしましたら消えてしまいました。

私のことですから変な操作をしたのでしょう。結構気に入った内容でしたが残念!

この文が無事アップ出来ますように!

 

 

 

| | コメント (0)

2019年4月 8日 (月)

代官山三人展のお知らせ

名古屋三人展も無事終わりました。

ありがとうございました。

引き続き 代官山での三人展のお知らせです。

なか志まや 一衣舎 こまもの玖 東京三人展

会期  平成31年4月12日(金) ~ 15日(月)

    午前11時 ~ 19時 (最終日17時まで)

会場  代官山ヒルサイドテラスE棟ロビー

    東京都渋谷区猿楽町 29-18

 

Image12

| | コメント (0)

2019年3月11日 (月)

名古屋三人展のお知らせ

相変わらずのご無沙汰ですが 元気にしております。

そろそろ冬眠から覚めねばなりません。

なか志まやさんがDMを制作してくれて やっと出来上がって参りました。

年初に新宿のお店を閉店し 麻布に引越しされ 先日9日にオープンという離れ業

その間にこのDMも作成してくれました。申し訳なく思って居ります。

Dsc_1017_2

なか志まや 一衣舎 こまもの玖 名古屋三人展

会期 3月21日(木) ~ 25日(月) 11時~19時 (最終日17時まで)

会場 名古屋栄 LIB SPACE  

   460-0008 名古屋市中区栄3-7-22 栄928ビル4階A号

8回目を迎える名古屋三人展ですが 今回は会場が変わります。

昨年までの本山フロートの運営形態が変わり 会場替えとなりましたが

こまもの玖の渡邊さんが急遽探してくれました。

先日設営の打ち合わせで 会場の下見に行って参りましたが 広さもあり

交通事情も良く 使いやすい会場です。

初めての設営は時間が掛かりますので 心して臨みます。

何より1階にセブンイレブンがあるのは 休憩の多い自分には便利で助かるし有難い。

また 皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«柿